【無料で始める!】効果的な採用コスト削減に繋がる11のポイント

採用 コスト削減

「採用のコスト削減を行いたいが、何から手を付ければよいかわからない」
「優秀な人材も確保したいけど、雇用にかかるコスト削減もしたい」といったお悩みをお持ちではありませんか?

求人掲載にかかる費用を見ると、なんとかコスト削減をして、採用活動ができないものかと考えてしまいます。
今回はそんな採用にかかるコスト削減を実現し、効果的に人材を確保するためのポイントを紹介します。

行き当たりばったりで実施した採用活動では、広告の性質上、単価や掲載費用が高くなってしまいます。
コスト削減をして採用するには、中長期で計画をしっかり立てることが重要ですので、今回の記事でご紹介する媒体やポイントを参考にしてみてください。

求人広告ドットコム

目次

 採用のコスト削減に直結!無料または低コストで始められる求人媒体7選

まず最初に当サイトがおすすめする無料または低コストで始められる求人媒体を7つをご紹介します。
自社に合う使用媒体を選定することは、コスト削減だけでなく採用活動全体に関わってきますので特徴も併せて解説させていただけます。

おすすめの採用コスト削減につながる媒体は下記のとおりです。

無料または低コストで始められる求人媒体7選!

 

  1. 【無料】費用0円で採用活動に必要なあらゆる機能を網羅しているサービス「engage」
  2. 【無料】世界60か国で展開されている日本最大級の求人検索サービス「Indeed」
  3. 【無料】「0円でカンタンに求人募集ができる」採用支援ツール「Airワーク」
  4. 【無料】食べログ、価格.comなどのサービスを運営するカカクコムが手掛ける求人サービス「求人ボックス」
  5. 【無料】Googleの検索バーで上位表示されるので、求人の露出度が高く、目立つ「Google しごと検索」
  6. 【無料】国が運営する無料求人であり想起する人も多い。古くからある無料求人サービス「ハローワークインターネットサービス」
  7. 【1万円から使用可能!】求職者を待つのではなく、人材を探す時代に。圧倒的な低コストで「1万円採用」できるサービス「yagioffer(ヤギオファー)」

【無料】費用0円で採用活動に必要なあらゆる機能を網羅しているサービス「engage」

「engage(エンゲージ)」は、東証プライム上場のエン・ジャパンが手がける大手企業をはじめとした40万社以上が導入している採用支援ツールです。

「エン転職」などで培ったノウハウが詰め込まれているサービスで、求人掲載をはじめ、採用にまつわる様々な機能を無料で利用できます。

専門的な知識は一切不要で、採用サイト作成と求人票掲載が無料で最短5分で作成できます。

1,000万人を超えるエン転職の会員にDM(ダイレクトメッセージ)を送信できる機能や、採用時の応募者とのやり取りを簡単に管理できる機能、入社後の定着化を図る機能など他のサービスには無い魅力が多くございます。

また、engageに掲載する事で求人メディアと求人検索サイト、合わせて8つの求人サービスに自動で掲載され、複数の求人サービスからの応募者も一元管理可能なので採用サイトを行き来する手間も省く事が可能です。

engageを利用することで、上記の特徴や機能に割いていた費用のコスト削減につながり企業にとって効果的な人材確保が可能となります。

【無料】世界60か国で展開されている日本最大級の求人検索サービス「Indeed」

近年CMなどで認知度をあげており、ご存知の方が多い無料求人サービスである「Indeed(インディード)」
Indeed(インディード)は、有料掲載のみの一般的な求人サイトとは異なり、無料掲載と有料掲載だけでなく、web上にある採用企業の求人情報を自動的に引用し掲載する仕組みが取られています。Web上に求人情報があれば自動的に収集され、Indeedに掲載されている可能性があります。
そのため、一般的な求人サイトと比較してindeedでは掲載される採用企業数・求人掲載数が多く、現在100万件超える求人情報が掲載されています。

採用企業の求人情報が多く、様々な求職者のニーズを満たせるので求職者が多く集まり、自社の求人が目に触れる機会も増加につながり、流入経路の拡大によって応募を最大化し採用目標の実現を目指すことが可能です。

無料での求人掲載が可能かつ、露出増加による求職者の流入経路の拡大を行えるのでIndeedを採用計画に組み込むことでコスト削減につなげられます。
また有料掲載の際も、クリック課金型のため需要と供給でクリック単価が決まりますので、地方採用やニッチな職種の採用の場合、クリック単価が安くなりやすく、無駄なくコスト削減が可能です。

有料掲載であれば最適なリクルート系メディアへ自動で求人掲載がされる新サービス「Indeed PLUS」が2024年1月30日から提供が開始されました。

「Indeed PLUS」に掲載されるとIndeedだけでなく提携しているリクルート系メディア(リクナビNEXT、タウンワークなど)にも掲載されるようになります
求人が閲覧された分だけ料金が発生するクリック課金型のまま掲載型の求人媒体にも掲載がされますので掲載費用を抑えてコスト削減に繋がります。

無料で利用を始められ、有料掲載でも低予算で複数メディアへの掲載も可能なためコスト削減を意識される企業様であれば、自信をもって利用をオススメできる求人検索サービスとなっております。

【無料】「0円でカンタンに求人募集ができる」採用支援ツール「Airワーク」

「Airワーク」とは、「0円でカンタンに求人募集ができる」採用支援ツールです。運営しているのは、大手人材会社の株式会社リクルートです。
長年積み上げてきた確かなノウハウをエアワークの提供にも生かしていて、スタッフによる無料のサポートもございます。

最短5分で自社採用ページを作成でき、外部の求人検索サイトにも連携されます。
応募者の管理ができたり、強固なセキュリティ対策がされていたりと、採用活動にあたって欠かせない機能が多数備わっていることも特徴です。

Airワークは、基本的にすべての機能を無料で利用できます。
採用ページの作成から求人掲載、応募者管理まですべて無料で、採用に成功した際に費用が発生することもありません。
費用無料で利用できるので、工数やコストのかかる業務をAirワークを利用することで採用コスト削減することが可能です。

「Airワーク採用管理iブースト」「タウンワークAirワーク」といった、露出を増やすための有料オプションも用意されています。
前述させていただいた「Indeed PLUS」とも連携させることによって、Indeedだけでは行えなかったスカウトメールの送付が可能となります。
有料オプションについても採用戦略や予算に応じて、利用することで採用コストの削減につなげることが可能です。

【無料】食べログ、価格.comなどのサービスを運営するカカクコムが手掛ける求人サービス「求人ボックス」

無料求人サービス「求人ボックス」は、皆さんも一度は使ったことがあるサービス価格.comや食べログなどのメディアサイトを運用している東証プライム上場企業のカカクコムが手掛けるサービスです。

求人ボックスもIndeedなどと同じく求人検索サイトであり、Web上にある、あらゆる求人情報を集め、求人ボックスでまとめて検索できるようにしています。また有料の広告が存在するので、露出度を高めたい場合は有料版を利用することで、より求職者にアプローチすることが可能です。日本生まれのサービスなのでサイト内がシンプルなデザインで非常に見やすくできていて使いやすいのが特徴です。

求人掲載数も膨大で、24時間以内の新着求人が常時数十万件あり、月間利用者数も2020年5月に500万人を突破。今後も伸びていくサービスとして期待されています。

無料での求人掲載と有料掲載の場合も低コスト・低リスクでのカスタム運用が可能なためコスト削減を意識される企業様であれば、ご利用をオススメする求人サイトとなっております。

【無料】Googleの検索バーで上位表示されるので、求人の露出度が高く、目立つ「Google しごと検索」

無料求人サービス「Google しごと検索」は、Googleの求人サービスです。海外では「Google for Jobs(グーグルフォージョブズ)」の名称で知られています。※Google for Jobsは旧名称。現在はJob Search on Googleが正式名称に変更

こちらもIndeed(インディード)や求人ボックスと同じく、検索型の求人サービスです。Web上に存在する求人情報を収集し、Google しごと検索のプラットフォーム内に表示させるという仕組み。

求人サイトに載せた求人情報や、自社HPで載せている求人情報などを集めて、求職者がこれまで以上に簡単に仕事探しをすることが可能になっています。
有料版はなく、全て無料で利用できます。逆に言うと、「料金を支払って上位に表示させる」といったアプローチはできません。自社採用サイトや他の求人媒体に掲載された情報が表示されるため、まずはGoogleしごと検索(Google for jobs)以外で求人掲載を始める必要があります。

SEOによって表示順位が決まるオーガニック枠より上のエリアに表示されます。求人自体も、ユーザーの検索意図に合致する順に表示されるので、SEOの影響を受けません。

ユーザー側にとって大きいメリットとしては、現在地からの距離で求人を絞り込めます。企業からすると、近くに住んでいる求職者に、自社の求人を知ってもらいやすい仕組みだと言えます。

掲載費用をかけずに求人の流入経路を増やすことは採用コスト削減を目指す際に有用な手段でございますので、他媒体との併用が前提ではありますが利用を検討するメリットのあるサービスです。

【無料】国が運営する無料求人であり想起する人も多い。古くからある無料求人サービス「ハローワークインターネットサービス」

全国に500ヶ所以上あり、職員数、相談員数はどちらも1万人を超える超巨大サービスである、皆さんご存知のハローワークのインターネット版がハローワークインターネットサービスです。無料求人の民間企業ではなく、国が運営していて有料プランが一切ないのも特徴です。

2020年1月に、ハローワークインターネットサービスが大幅リニューアルされ、企業も使いやすくなりました。これまでは「すぐに採用をしたい!」「採用できたから求人を非掲載にしたい」という時も、わざわざハローワークへ足を運んで手続きをする必要がありましたが、「求人の募集停止」や「事業所情報の変更」、「画像情報の登録・公開」「選考結果の登録」などができるようになったことで、企業側の手間はだいぶ軽減され便利になったといえます。

ハローワークの知名度は抜群で、年齢問わず多くの求職者が利用しているので、求人掲載すれば応募してもらえる可能性はあります。また地場の採用にも強いので、地域の人を狙った採用活動にも向いています。ただし、最近は多くの求人サービスが出てきているので、ハローワークだけに依存するよりも様々なサービスを併用したほうが応募は集まりやすいでしょう。

【1万円から使用可能!】待つのではなく、人材を探す時代に。「1万円」から始めるダイレクトリクルーティング「yagioffer(ヤギオファー)」

日本最大級(110万登録ユーザー)履歴書作成サービス「Yagish」ヤギッシュがリリースした、1万円という破格の価格で採用ができる「yagioffer(ヤギオファー)」

成果報酬0円のサービスで他のダイレクトリクルーティングでは一線を画すものとなっております。
1万円で100名にオファーを送信可能かつ10名までやり取りができて大幅な採用コスト削減が実現可能となっております。

ユーザーがオファーを承諾すると、ユーザーの履歴書が開示されて、チャットでやり取りをおこなうことができ、100万人以上の人材データベースから直接オファー送信可能で、正社員だけでなく幅広い働き方・人材に対応したサービスです。月額1万円という破格の価格から始められるので、大幅な費用削減が可能で手軽にダイレクトリクルーティングのサービスをお試しいただけます。
ヤギオファー申込リンクはこちら

採用計画の現状確認と併せてできる!コスト削減効果の高い求人方法3選

コスト削減において媒体採用コストがかからない、採用手法や、採用コストが安い求人手法をお伝えします。
直接的な採用コストを下げることも重要ですが、求人の費用対効果を上げたり、コストかけないことも重要です。
コスト削減効果の高い求人は長期的に見ると採用コスト削減に繋がります。
コスト削減効果が高いとされる求人方法を紹介いたしますので、採用計画の現状確認と併せて取り組めるポイントから採用コスト削減に取り組みましょう。

リファラル(社員紹介)を最大限活用してコスト削減

以前は「縁故採用」と呼ばれていた社員からの紹介で採用する方法です。
リファラル採用の良い点は採用コストが安く、自社について知っている人が入社するためミスマッチが少ないことです。
多少のインセンティブを設けたとしても求人広告を出すよりは安く済みますので、制度化して導入してみるのも良いでしょう。

中途採用で募集が出た時にはイントラネットやSNSでインセンティブ制度があるうえで告知をすると、社員が知人に声をかけてくれます。

また、以下のメリットもあります。

  • 転職市場にいない人材(転職潜在層)と出会える可能性が高まる
  • 自社の社風や業務内容を理解した社員がマッチしそうな知人を紹介するため、自社にフィットした人材を獲得できる 

とはいえ、既存社員が紹介できる人物には限界があり、また身近な人と同じ職場で働くことに抵抗がある社員もいるでしょう。採用したいタイミングで人が集められないというデメリットもあるため、メインの採用方法にプラスして取り入れるのがおすすめです。

SNS(インスタ・X(Twitter)を最大限活用して会社情報を発信

自社採用サイトへの流入を図るツールとして、SNS(インスタ・X(Twitter)を活用するの非常に有用です。
TwitterやInstagramなどのSNSは、現代の採用活動では「利用しない手はない」と言っても過言ではない無料のツールです。

以前までは決して安いとは言えない製作費を支払い自社の採用サイトやLP作成し、伝えたいことや社風、理念などを発信するのが一般的でした。
採用サイトやLPがあることで採用に力を入れている企業であることがわかり、求職者の安心感にもつながるメリットがありました。

しかし、SNSが一般に普及した事を通じて、自社採用サイトの制作費用をかけることなく自社の社風、理念などを発信する事ができるようになりました。
求職者にとっては、入社候補となる会社の雰囲気は以前と変わらず気になる要素であります。

SNSで発信すれば、採用パンフレットやHP、LPでは表現できない会社の素顔や世界観などのアピールが簡単に可能です。
こうしたSNSを経由した求職者は、社風や理念などを確認できるのでミスマッチや途中離脱率を減らすことができます。

一方で、SNSは拡散力がある情報ツールです。そのため、発信内容を誤ると炎上したり、逆に企業イメージが下がったりするリスクがあります。
SNSを活用する際は、発信内容や運用担当者の配置は慎重に行うことが必要となります。

使用する求人媒体の見直し検討でコスト削減

現在利用されている求人媒体が必ずしも自社に適しているとは限りません。
「掲載企業数が多いために、応募が集まらない」「スカウト送付の対象者を絞り込みきれず有効応募につながらない」というケースも多々あります。
新しい媒体の使用や検討を本格的に行う前に、すでに利用されている求人媒体の見直しを行ってみてください。

採用成果が出ていない会社の費用を削減し、効果的な会社を集中して活用することによって採用の効率を高めることができます。
適切な求人媒体が利用できれば、コストパフォーマンスが高まり、採用活動が効率化されてコスト削減にもつながるでしょう。

自社に適した求人媒体のサービスやプランを再検討するためにも下記の4つのポイントをチェックしましょう。

使用媒体を再検討する際のポイント4選!

  1.  媒体各社の特徴をチェックする
  2. 求人広告を出す時期
  3. 求人原稿の内容
  4. 採用プランが決まっているのなら単体購入をせずにまとめて購入してコスト削減

 1.媒体各社の特徴をチェックする

各社で強みとしている特徴がちがうため、他社とのちがいを理解して自社にマッチしそうな媒体を選定が採用コスト削減の視点では重要となります。

スキルや経験重視の募集なのに「若手や第二新卒の採用に強い」媒体では、マッチしませんよね?

ネットや資料でも特徴は調べられるのですが、公開していない情報もございますので、弊社でご提案させている媒体をいくつかご紹介させていただきます。

株式会社bサーチの求人媒体おすすめランキング
1位:engage(エンゲージ)
2位:Indeed 
3位:doda
4位:リクナビNEXT
5位:求人ボックス

冒頭で紹介した求人サイトと重複はございますが、弊社が採用コスト削減の悩みを抱えている企業様にご提案させていただいている求人媒体でございます。
他にも、求人媒体を特徴毎にまとめさせていただいた記事もございますので、採用コスト削減以外のお悩みがある際はご参考にされてみてください。

おすすめの求人広告を徹底解説!求人媒体厳選51選【媒体比較表付】

2.求人広告を出す時期

一般的に、夏・冬ボーナスの時期は、転職活動をする人が増えます。ボーナスをもらってから辞めようと考える人が多く、退職後のブランクが長くならないように、支給の前後で転職活動を始めるケースが多いからです。このように、転職者が動く時期を考えて求人掲載を行うと良いでしょう。

中途採用におすすめな時期をまとめた記事もございますので、年間計画を立てられる際のご参考にされてみてください。

中途採用におすすめの時期はいつ?応募者が集まりやすい採用時期とは

3.求人原稿の内容

掲載する求人原稿では求職者が知りたい情報を発信していくことが大切となります。
伝えたいことを、一方的に伝えてしまっている求人原稿が多いのが実情です。
伝えたいことを伝えるのではなく、求職者が知りたいことに応え、その中で魅力を伝えることが大事となります。

特に、どの求人媒体にも記載基本必須となっている下記9項目に関しては重点的に情報発信をしていくと良いでしょう。

求人作成の際に記載すべき9つのポイント!

  1. 「職種名」
  2. 「仕事内容」
  3. 「対象の方・応募条件」
  4. 「給与」
  5. 「勤務時間」
  6. 「休日休暇」
  7. 「福利厚生」
  8. 「応募の流れ」
  9. 「写真・キャッチコピー」

    上記の基本ポイントを押さえた求人原稿内容での作成を意識するだけでも、求職者からの見え方が変わり効果が出る可能性のある重要なポイントです。
    もし、上記内容の記載漏れなどが自社の求人原稿であれば修正を行うだけでも採用コスト削減につながります。

    4.採用プランが決まっているのなら単体購入をせずにまとめて購入してコスト削減

    求人広告やダイレクトリクルーティングなど長期掲載や回数券を先に採用計画に組み込むことも採用のコスト削減では重要なポイントになります。
    購入する際は割引が適用される目安である3か月以上のプランニングで購入を進めると採用コストも削減でき、失敗した際の計画変更にも対応も可能になります。
    また、求人広告から先に採用人数の枠を埋めていくことで採用単価が割安になります。
    残りの人数を人材紹介に依頼するや、採用難易度が高く、採用単価が求人広告だと80万円以上かけても採用見込みがない場合など人材紹介に依頼するなど、採用コスト、採用単価を意識して採用プランニグを提案させていただいております。
    各種求人媒体や求人サイトにおいて、それぞれ割引がございますのでお客様の採用課題に合わさて提案をさせていただいております。

    【無料で始める!】効果的な採用コスト削減に繋がる11のポイント まとめ

    採用のコスト削減方法と無料で始められる求人媒体についてご紹介させていただきました。

    求人広告や人材紹介など、使用する媒体などによって採用のコスト削減が可能です。
    採用のコスト削減を行って人材を獲得するには、自社に合った媒体を使用するのは非常に重要です。
    自社で媒体の選定、原稿の効果改善などをする時間がない場合は、その道のプロである求人広告代理店に依頼しましょう。
    求人広告代理店では、今までのノウハウを活かした媒体の選定や原稿効果改善など企業様の採用活動をサポートしてくれます。

    弊社株式会社bサーチでは100種類以上の求人手法から最適な方法や成功事例をもとに採用方法や現在の採用に対する対策など様々なご支援をさせて頂きます。ら原稿作成、掲載後のアフターフォローまで一貫して行い採用活動をサポートいたします。

    人材採用でお悩みの方には、サポートいたします。お気軽にお問い合わせください。
    人材採用でお悩みの方には、サポートいたします。
    お気軽にお問い合わせください。